ゾビラックスの薬の使用【体調を整えて元気モリモリ】

ピルと判断

女性の悩みを解消します

ピルとは、1960年にアメリカで発売されて今や日本を含む世界180ヵ国で使用されている女性向けの避妊薬のことです。 女性ホルモンが含有されており、排卵を抑制・子宮内膜の増殖を抑制・精子の侵入を阻止する作用で妊娠を防ぎます。また、ピルは避妊目的以外にも月経困難や子宮内膜症の改善や予防などといった女性特有の悩みや病気にも用いられています。 かつての日本では避妊目的でのピル使用は認められていませんでしたが、現在は認められているため安心して使用できるでしょう。それにより利用者も増加し、ピルの認知度も高まりました。 性における悩みを解消してくれるのがピルですので、今後はますます需要は高まってくると予想されます。

ピルの用量に注意しよう

ピルには低用量、中用量、高用量の3つの種類があります。用量に応じて女性ホルモンの含有量が変わるため、使用目的に応じて選ばなくてはなりません。 例えば、避妊薬として利用するのなら低用量を使用します。中用量や高用量でも避妊効果は得られますが、効果が強すぎるので気分を悪くするなどの副作用が出やすくなるでしょう。そのため、目的に応じた用量を選んでください。 ピルは個人輸入でならネットで購入することもできますが、素人判断で使えるものではないので、使用を考えたら必ず一度は医師の診察を受けてください。その上で適したピルを紹介してもらい、その後は個人輸入で購入しても構わないでしょう。 ただし、安全に利用するためには定期的に検査を受けることも必要です。